HOME > HSP > HSP診断テスト 選ぶだけセルフチェック

HSP診断テスト 選ぶだけセルフチェック

メモ帳とペン

自分はHSPなのかな?繊細なだけ?それともとても敏感なだけ?

この「生きづらさ」はもしかしたらHSPだから?

そんな風に感じていたらまずは診断テスト(選ぶだけのセルフチェック)を試してみてください。HSPの提唱者であるアメリカの心理学者・エレイン・アーロン博士が作成した自己テストです。   

HSP診断テスト

  次の質問に、感じたまま答えてください。少しでもあてまはまるのなら「はい」と答えてください。まったく当てはまらないか、あまり当てはまらない場合に「いいえ」と答えてください。

自分をとりまく環境の微妙な変化によく気づくほうだ
他人の気分に左右される
痛みにとても敏感である
忙しい日々が続くと、ベッドや暗い部屋などプライバシーが得られ、刺激から逃れられる場所にひきこもりたくなる
カフェインに敏感に反応する
明るい光や強い匂い、ざらざらした布地、サイレンの音などに圧倒されやすい
豊かな想像力を持ち、空想に耽りやすい
騒音に悩まされやすい
美術や音楽に深く心動かされる
とても良心的である
すぐにびっくりする(仰天する)
短期間にたくさんのことをしなければならない時、混乱してしまう
人が何かで不快な思いをしている時、どうすれば快適になるかすぐに気づく(たとえば電灯の明るさを調節したり、席を替えるなど)
一度にたくさんのことを頼まれるのがイヤだ
ミスをしたり物を忘れたりしないよういつも気をつける
暴力的な映画やテレビ番組は見ないようにしている
あまりにもたくさんのことが自分の周りで起こっていると、不快になり神経が高ぶる
空腹になると、集中できないとか気分が悪くなるといった強い反応が起こる
生活に変化があると混乱する
デリケートな香りや味、音、音楽などを好む
動揺するような状況を避けることを、普段の生活で最優先している
仕事をする時、競争させられたり、観察されていると、緊張し、いつもの実力を発揮できなくなる
子供のころ、親や教師は自分のことを「敏感だ」とか「内気だ」と思っていた

出典:『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。』エレイン・N・アーロン (著),Elain N.Aron (著),冨田 香里 (翻訳)

HSP診断テスト(セルフチェック)結果

以上の質問のうち12個以上に「はい」と答えたあなたはおそらくHSPでしょう。しかし、どの心理テストも、実際の生活の中での経験よりは不正確です。たとえ「はい」がひとつかふたつしかなくても、その度合が極端に強ければ、HSPかもしれません。

出典:『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。』エレイン・N・アーロン (著),Elain N.Aron (著),冨田 香里 (翻訳)

今回のHSPセルフチェックは、HSPの提唱者であるアメリカの心理学者・エレイン・アーロン博士が作成したものです。私が初めて行ったのもこのテストでした。
 
HSP診断テスト(セルフチェック)には他にもデンマークの心理療法士イルセ・サンが考案したものもあります。イルセ・サン式では、どのくらい敏感か?どのくらい内向的(外向的)か?が数値で出てきます。
 
どちらが良いかというのは人それぞれだと思います。私自身、どちらも行ってみてどちらも「なるほど」と思えました。具体的なシーンを想像できる質問は、どちらかと言えば「イルセ・サン式」かもしれません。お好きな方を。

morinokotonoha ジブンの森

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。