HOME > 女性の生き方 > 40代・50代からの女性の生き方~好きをカタチにして暮らしに彩を

40代・50代からの女性の生き方~好きをカタチにして暮らしに彩を

朝食

40代からの女性の生き方。特に40代後半~50代、アラフィフと言われる女性(私も含めて)の生き方、そして生きがい。
 
前回の記事では40代~50代の女性が陥りやすいモヤモヤについてお話ししました。
 
≪参考≫ 40代・50代からの女性の生きがい~好きをカタチにする第一歩
 
今回は「好きなことをブログ・個人Webメディアで発信してみよう!」というお話。

好きなことは日々の暮らしの彩り

私の考え方というのは、やはり「安心の中、日々心地よく笑顔で暮らす」ことに尽きるんですね。
 
40代後半~50代、アラフィフと言われる年代になるとよく「スローライフ」という言葉が気になり始めます。不思議ですね。ちょっと前まではこの言葉を意識したことなんてなかったんですが。
 
例えば、やりたいことがあってそれに向かって全力で突き進む!のもいいんですが、今の私はそれよりも「好きなこと・ジブンノセカイをカタチにすることを、自分が心地よいと思うペースで日々の暮らしの中に取り入れる」ことの方がしっくりくるんですよ。
 
自分の好きなことやりたいこと、生きがいが一番ではなくて、優先順位の第一位は家族。自分の好きなことをして暮らすってことは、やはり家族の笑顔があってこそなんですね。
 
ここ、誤解して欲しくないんですが、家族の笑顔のために自分を犠牲にするというのとは違いますからね。
 
だから、自分の好きなことにフルスロットルで情熱を傾けるのではなく、家族と心地よく暮らす中の彩りとして位置づけてみる。家族と過ごす世界とは別の世界をつくってみる。
 
それが私の「スローライフ」と言える暮らしかな。
 
好きなことをするのに家族を犠牲にしては本末転倒だし、例え自分の好きなことができたとしても家族の笑顔がなければ喜びもないと思うんです。
 
その人それぞれではありますが、女性はいくつもの顔を同時に持つことができると思っています。
 
例えば、結婚して子どもが生まれれば、女性は、人であり、女性であり、妻であり、母であり、娘であり、友人であり、姉妹であり、時には誰かの同僚であり・・と様々なシーンにおいてそれぞれの顔を持ち行動しています。しかも自然に。
 
そのどのシーンも大切で、どれが一番とかその時の顔によってチカラの入れ具合をコントロールするとかは無いですよね。その中に、「好きなことをカタチにする自分」が加わってもそれは自然なことで、女性だからこそ、それを暮らしの中の彩りにすることができる、と思います。
 
では、どうやって好きなことをカタチにしていくのか。

好きなことをブログ・個人Webメディアでカタチにする

これは、いろいろなやり方があると思います。
 
例えば、パンが好きだからパン屋さん巡りをする。もちろんフレンチでもいいし、スイーツでもいい。ボランティア活動をする、旅行に行く、キャンプに行く、習い事をする、オーガニックにこだわった暮らしをする、オリジナル料理レシピを作る・・。
 
と、あげたらキリがありませんね。
 
ただ、ここで気づいた方はいるかもしれませんが、これは全て「好きなことをする」という行為です。好きなことをカタチにするというのは、その行為をカタチにするということ。
 
私の友人に木工職人がいます。私と同じ歳の女性です。その友人は木を使っていろいろなものを作っています。好きだからその道を選んだという彼女の一番のやりがいは「お客様に感謝されること」だそうです。
 
自分の中で最高の製品が出来た時ではないの?と聞いたことがあるんですが、それは単なる自己満足で、やはり依頼してくれた方が喜んでくれた時が一番うれしいそうです。
 
これは、料理を作ることが好きな人が、自分の料理を人に「美味しい」と喜んでもらえるのがうれしいのと同じ感覚ですよね。
 
私は食べ歩きブログを運営していますが、ただ食べ歩くだけなら自己満足に過ぎませんが、それをブログで発信することで感謝してくれる人がいたり、ブログを見てお店に行ってくださる方もいて、すごくうれしいと思うのと同時にそこに「使命感」や「やる意味」を見いだせています。
 
人は人の役に立つことで喜びを感じ、そこにやる意味や使命感を見いだせる。言うならばこれが「やりがい」というものなんじゃないか。まあ、当たり前じゃんと言われればそれまでなんですが、この歳になってここに気づけたことをうれしく思っています。
 
もちろん、ブログなんてやりたくないな~という人はスルーしていただいていいんですよ。パン屋さん巡りをして美味しいパンの情報を仲の良い友人に伝えることも一つですが、それをもっと多くの人にお伝えできるのがブログやWebサイトなんです。
 
自分が好きなこと、得意なこと、やっていて心地のよいこと、これをブログやWebサイトで発信しシェアすることで好きなことがカタチになっていきます。好きなことなのでやっていること自体が楽しいですしね。
 
そしてブログ・Webサイトのもうひとつの良いところは収益化ができるところ。
 
ここがね、またやりがいの一つになってくると思います。自分の好きなこと、ジブンノセカイをカタチにして結果としてお金を得る。自分が好きなことを楽しみながらカタチにして、人の役に立つことで人に感謝され、さらに収益を得られる。
 
これって理想的だなと思うんです。
 
ただ、私がお伝えしたいのは「稼ぐ方法」ではなく、あくまでも自分の好きなことや生きてきた履歴や経験、ジブンノセカイをブログやWebサイトでカタチにすること、その方法です。日々の暮らしの中の彩りという位置づけで、暮らしそのものが心地よくなることを望んでいます。

morinokotonoha ジブンの森

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。