HOME > 女性の生き方 > 40~50代女性の生きがい人生の棚卸し最終的になりたい自分を見つける

40~50代女性の生きがい人生の棚卸し最終的になりたい自分を見つける

靴を見つめる女性

「あなたの生きがいってなんですか?」って聞かれたら「え!何だろう?」って思ってしまう女性は多いと思います。もちろん私もその一人。40~50代の女性が生きがいがなくてネット上で相談しているのを見て、私もアラフィフ女性の一人として考えました。

そもそも生きがいって何よ?

生きがいとは…、人生の意義、人生の意味、生きる意味、人生の目的・・などなどいろいろなコトバが出てきました。
 
こういうのを見ていると、「人は何のために生きるのか?」なんてちょっと哲学的な感じになって非常に頭がこんがらがります。
 
私的には、生きているだけで丸儲けですが、それだとこの記事が終わってしまうのでもう少し考えてみます。

なぜ40代・50代の女性が生きがいに悩むのか?

なぜ40代・50代の女性が生きがいに悩むのでしょう?
 
子育てが一段落して、さあこれからあなたの人生ですよって言われても今までは子どものため、家族のためと生きてきたのでいざ「自分のため」となると何をしていいのかわからなくて「何を生きがいにしたらいいんだろう・・」と悩んでしまう。
 
20代からバリバリ仕事をしてきた女性が40~50代にして第一線から外れると「なんのためにあんなにがんばってきたんだろう・・」と仕事に生きがいを見いだせなくなってしまう。
 
確かに、女性というものは結婚や出産、子育て、仕事と、時には同時進行でこなし、自分のことを考える時間がとても少なくてそれが当たり前にすらなり、いざ「自分の時間」とか「自分の人生」と言われてもどうしたらいいのかわからなくなってしまうのかもしれません。
 
もちろん、そうではない女性もいるでしょうし、男性であっても同じ悩みを持つ人もいるでしょう。

自分はどうなりたいのか?

人生の目的って言うとなんだか難しいけど、最終的になりたい自分って考えたりしますか?ここがはっきりしていないと、何のために生きているのかがぼや~っとするというか。
 
生きがいが見つからないというのは自分がどうなりたいのかがはっきりしていないからちょっと迷子になっているということも考えられるのでは?
 
子育てをしている時やバリバリと働いている時は、目的や目標があったんです。子どもをしっかり育てる目的、仕事をしっかりこなす目的。それは責任でもあったかもしれないけれどその間は「生きがい」で悩んだりしなかったはず。
 
今度は自分のこれからの人生の目的を見つけるわけですが、これは頭の中だけで考えずに書き出した方がいいです。
 
お金がないから出来ない、時間がないから出来ないというのは一旦横に置いといて、そういうのは無しにしてやりたいこと、好きなことを見つけていく。
 
でも意外とこれが難しいんですよね。やりたいことなんてないし・・好きなことってなんだっけ?みたいな。
 
ま、もちろん趣味や好きなことがハッキリとしている人もいるでしょう。でもそれがハッキリしていても生きがいに悩むのだとすれば、それを何のためにやっているのかわからなくなっているのかもしれません。

人生の棚卸し

ここでおすすめしたのが「人生の棚卸し」です。
 
これは私が「生きがい」を見つけたくてやったわけではなく、自分の好きなことで稼ぎたいと思った時にやったことです。でも、この作業はきっと「生きがい」を見つけるのにとても役に立つものです。

● 趣味 ● 興味 ● 得意なこと ● 性格と適正 ● 受けてきた教育 ● 持っている知識 ● 積んできた経験 ● 成し遂げたこと

これらをできるだけ多く書き出す作業をして、自分の好きなこと、やりたいことを導きだしていくというもの。最近のことだけではなく、子どもの頃にさかのぼってやっていくといいですよ。
 
詳しくはこちらの記事で触れていますのでどうぞ

40代からの女性の生き方~好きなことをして暮らすために今すべきこと

好きなことを見つける作業というものは意外と時間がかかりましたし、幼い頃の記憶にも遡ったりして私にとっては楽しい時間ではなかったです。それでも、見つけた時はうれしくて、考え抜いて導き出したある種の達成感がありました。
 
時間がかかったという目安ですが、これはその人によると思います。すぐに書き出せる人もいるかもしれませんが、私の場合は最終的には1ヶ月経ってもまだなんだかぼんやり・・でした。考えては行き詰まり・・考えては行き詰まり・・でしたから。

好きなことをやっているのに虚しくなる

ここですよね。好きなことがみつかりました。やりたいことが見つかりました。と笑顔でそれを始めてみて、最初は楽しいのにだんだんなんだか虚しくなってくる。
 
実は私がそうだったんです。
 
これは、「やる意味」が見いだせていないからです。人って不思議なもので何のためにやるのか?がわからないと虚しくなるんですね。(全ての人にあてはまるわけではないと思いますが。)
 
ここで私が伝えたいのは、人は「自分が誰かの役に立っている、人を喜ばせている」という実感があると、この「やる意味」を見いだせるということです。
 
いわば「使命」ということですね。この「使命」を感じることをすると「生きがい」につながっていくと思います。
 
そうは言っても「私はこれが生きがい」と言えるものがなくても焦る必要なんて全くありません。これをキッカケに自分が好きなこと、やりたいことを見つけることに目を向け、さらに導き出したものを実際にやってみることで見えてくるものがあります。
 
元貧困女子の私は、自分の好きなことやなりたい自分なんて全くわからなかったし考えたこともありませんでした。でも、時間をかけて自分と向き合い導き出していきました。
 
答えは人が持っているのではなく、自分の中にありました。
 
それでももしかしたらまた迷子になってしまうかもしれません。そしたらまた自分の中に見つけにいけばいいんですよね。

morinokotonoha ジブンの森

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。