HOME > ジブンノセカイ > コアコンセプト スキルはあるのにビジネスが上手くいかない理由

コアコンセプト スキルはあるのにビジネスが上手くいかない理由

ビジネスが上手くいかないのはスキルのせいではなく『コアコンセプト』が無いから ―――
 
ずいぶん衝撃的な一文でした。
 
『コアコンセプト』ってご存知でしょうか。私にとっては初めての言葉でした。正式には『コア・コンセプト』と書くようです。

コア・コンセプトって何?

コトバンクには

ブランド・パーソナリティなどブランド構築の中心となる推進力を持ったアイデアのこと
コトバンクより抜粋

なんて出てきましたけど、イマイチ意味がわからない。さらにいろいろと調べてみると

『自分自身の判断基準となる本質的な価値観』
 
という文面を見つけ、ここにしっくりきました。で、ちょっと私なりに解釈してみました。『コアコンセプト』とは要するに

『いつどのような時であってもブレない自分』
 
ということなのではないかと。あくまでも私の解釈ですが。

人生を遡ってみた

『コアコンセプト』が、『自分自身の判断基準となる本質的な価値観』ということなら、それは一朝一夕に出来たりするものではなく、長い時間をかけて育まれるものだと想像できます。
 
ですので、私は今までの人生を物心がついた頃くらいまでに一気に遡ってみました。
 
これが意外と結構辛い。
 
もちろん、楽しいことやうれしいことばかりの人生ならそこまで苦しくはないんでしょうけれど、ご存知の通り私の場合はかなり波乱万丈。
 
それでも、頭に浮かぶ印象的だった経験を、その時に味わった『感情』を再度思い出して味わい直しました。
 
これは、人によってはかなりの時間が必要かと思います。私は、ちょうど自分の人生を俯瞰することを行っていたのでそこまではかかりませんでした。それでも、その『自分の人生を俯瞰する』ということにかなりの時間を使っています。

私のコアコンセプト

結果…私の判断基準となる本質的な価値観(だと思えるもの)を自分の中に見つけることができたと思います。
 
これを導き出した時、人生の中で起きた経験に関してのいろいろなことを理解することができました。かなり私的なことなのでここではお話ししませんが、いわゆる「腑に落ちた」ということです。
 
今までの自分にもこのコアコンセプトは在ったんです。でも、自覚していない、ちゃんと言語化していないから人生の選択を無意識に行い、望まない結果を引き寄せていたのです。
 
では、この誰しもが必ず持っているという『コアコンセプト』がビジネスとどう関係してくるのでしょう。

コアコンセプトをビジネスの視点で見る

『コアコンセプト』は『自分自身の判断基準となる本質的な価値観』、即ち、自分の一番大事な根っこの部分とも言えます。土台ですね。
 
自分で起業しビジネスをする場合、この土台がしっかりとしていないとその上に何を築いても砂上の楼閣になってしまうというワケです。
 
そう言えば、ビジネスで実績のある人、自分が持つ『価値』をネットという空間を活用し自由自在にお金や時間を生み出している人は、私が知り得る限りみなさんこの「根っこ」の部分がしっかりしています。ブレないですもんね。
 
では、私のビジネスにおける『コアコンセプト』とは何か?
 
現在、私は【ジブンノセカイ】――― 自分の好きなこと、情熱を傾けられるもの、魂が喜ぶこと、生きてきた履歴や経験(=『価値』)――― を、ブログを始めとする個人Webメディアでカタチにして収益化することをお伝えしています。
 
最終的には、その中で繋がった人(仲間)と一緒に人生を楽しみたいと思っています。
 
――― …と言っても、私は人との関りが苦手なので、一緒にウェーイ!と乾杯したりはしません笑 あくまでも私流の楽しみ方で、ということです。
 
そんな私のビジネスにおける「根っこ」。これはしっかりとノートに書き留めてあります。少しだけ具体的にお話をすると、

1.誰のために
常に成長することへの探求をやめない向上心を持った女性たちのために
2.何のために
幾つであっても、どんな状況であっても自分の望む人生を創ることはできるという自分の可能性に気づいて欲しいから
3.なぜ自分が?
『自分が幸せになること』『誰かの役に立てること』、これが『自分の人生を自由に生きるための法則』だと気づいたから。

一つひとつの細かい説明はここではしませんが、これがビジネスを視点にした私の『コアコンセプト』の一部です。
 
もし、これを読んでいるあなたが、スキルもある、知識もあるし経験もある、なのにビジネスが上手くいかない、のだとしたら、あなたの『コアコンセプト』を導き出してみるといいかもしれません。

morinokotonoha ジブンの森

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。